1_New-FIFA-19-cover-stars-revealed

FIFA19、ここまでの感想。まずは試合中の操作感について。

  • ボールがボールらしく跳ねるようになった。競り合いなどで、こぼれ球が多くなった。前作までの守備ではタックルに成功すればマイボールになったような場面でも、タックルでこぼれたボールをマイボールにできないことも多くなった。
  • ピッチを転がるボールの勢いが減衰しやすくなった。グラウンダーのパスが途中で減速してしまうので、相手にカットされやすくなった。長いグラウンダーパスは危険。ロブパスもうまく使う必要がある。
  • 選手の動作モーションのコマ数が増えて、ボールを蹴るまでに時間がかかるようになったやや「もっさり」しているように感じるが、このほうがリアルなのだろう。ボールの挙動の変化と合わせて、自陣でのボール回しはとても危険になったし、細かなパス回しで相手陣の密集地帯を抜けるのも難しくなった。
    また、パスを受け止めてから蹴るのと、止めずにワンタッチでパスをつなぐのでは時間の差が大きくなったということでもある。ワンタッチではコントロールが乱れやすいので、選手のパス能力やパスを行うプレイヤーの判断が重要になった。
  • 選手の動作モーションの種類が増えた。浮き球をボレーやバイシクル(オーバーヘッド)でシュートすることがとても多くなった。バイシクルでのクリアも。
  • タイミングフィニッシュ(シュートボタン2回押し)は、そこそこ面白い。遠距離からズドン!と決めたいときなど、特定の場面だけで意識して使えばいいかも。決まると気持ちいい。
    シュートボタン2回押しが必須という訳ではなく、1回押しでも今までどおり普通にシュートを撃てるし、それで十分な場面が多いので、それほど邪魔にもならない。(ボタン連打する癖のある人は注意。どうしても嫌なら、設定からタイミングフィニッシュを無効にすることもできる)
  • コントロールシュートの精度は大きく低下したように感じる。前作では無敵状態だったけど、今作ではそう簡単じゃない。これは改善だと思うけど、もうちょっとだけ決まりやすいとうれしいかも。
  • スタミナの減りが速い。守備時に常時プレスを指定していると顕著。またフォーメーション等によってはアップダウンを繰り返すサイドの選手もバテやすい。スタミナ管理が重要になった。

今のところ、こんな印象。全体的に、操作はリアルに、難しくなっている感じ。慣れが必要だね。


ボレーはこんな感じ。