さて前回の続き。

プレシーズントーナメントのGLを突破して、決勝トーナメントのスパーズ(トッテナム)戦です。
スクリーンショット (211).png

GLのPSG戦を0-0で終えたこともあって、俺監督はフォーメーションをいじってみることにしました。こんな感じ。
スクリーンショット (212).png

(現実世界の)最近のセリエA ボローニャ戦で使われた、3-5-2 です。センターハーフ3枚の位置関係は既定の 4-3-3 と変わらず、トップ下を置かないやつ。リアルのほうではかなり機能したようですが、はたして。

そんで、試合のハイライト。


スパーズに同じような形から2点を先制され、めちゃくちゃ厳しい展開になりましたが、ロナウドの個人技で同点に追いつき、最後はCKからボヌッチのヘッドで勝ち越し。3-2 で勝利できました。

今回の課題は、DF陣の前でストレスなくボールを持たれてしまったこと。今回採用した3バック+1アンカーの 3-5-2 ではそこが手薄になるのかも。

良かった点は、2点ビハインドから追い付き、逆転できたこと。攻守レベルを「ウルトラアタッキング」に上げて攻めきれた。守備ではラインを高くして常時プレス、攻撃は高速ビルドアップ。勝ち越しとなったCKでは、ほとんど全員攻撃のような形になって、CBのボヌッチが決めてくれた。
序盤、プレッシング緩めで失点したことを考えると、最初からしっかりプレスをかけていくほうがいいのかも。

と、そんな感じ。
次はいよいよプレシーズントーナメント決勝です。対戦相手はリヴァプール。
スクリーンショット (210).png

また次回!