Juventus と FIFA19 のあれこれ

August 2018

FIFA19発売まであと1ヶ月ということで、今から大きな新機能は無理だろうけど、言うだけならタダ!ということで、要望というか願望をたらたらと書いてみる。まずは監督キャリアモードの選手獲得・放出関連

  • 移籍金などの金額表示に、カンマを付けてほしい!200000000ユーロとか、めちゃくちゃ読みにくい!桁をひとつ間違えたらタヒぬし!これは今からでもできるでしょ!なんならFIFA18でも修正してほしい。
  • FIFA18では選手との契約時、違約金(契約解除金)が確定した後に給料を決めるって感じだけど、これらは本来は不可分なもので、選手の立場からしたら「給料がそんなに安いなら違約金も安くしろや!もっと金払いのいいクラブに引き抜いてもらうからよぉ!」って感じなんじゃないかな。知らんけど。だとしたら、一方が確定した後にもう一方を決める、逆戻り不可ってのは違和感ある。せめて、給料 → 違約金の順に決めるようにすれば、少しマシかも。
  • 選手側も、違約金設定を強く要求するようになってほしい。FIFA18では違約金設定なしのほうが監督・フロント側としては圧倒的有利で、わざわざ設定する動機がない。
  • 選手獲得の手順が多すぎて面倒。選手の獲得や放出に関しては、監督が全権を持つFIFA18方式か、または監督は要望を伝えるだけで実務はフロントに任せる委任方式を選べるといいかも。
  • 選手獲得に関しては、いちいちスカウトに個々の選手の調査を指示しなきゃならないのが面倒。勝手に調査開始してほしい。基本は見つかった順に調査で、個別に知りたい選手の調査は優先させることができる、とか。
  • 選手検索も、スカウト調査済み選手リストも獲得候補選手リストも、各種情報を一覧表示してソートしたり、さまざまな項目をキーにして検索・抽出したりする機能が弱すぎる。「レンタル移籍で獲得できそうな選手」とか「左利きの中盤で、守備力高くて、3000万ユーロ以内で獲得できそうな選手」とか「昨期ラリーガで15点以上獲ったストライカー」とか検索・抽出したい。
  • スカウトリストや移籍候補リストなどで、個々の選手の能力を確認 → リストに戻る を繰り返すんじゃなくて、選手の能力を確認 → ボタン一つで次の選手の能力を表示 というのができるようにしてほしい。
  • 獲得候補選手リストは目的によって頻繁に作り変えるので、リストの全選手を消したり、複数選手を選んで消したり、そういうバッチ処理機能が欲しい。必須に近い。さらにできれば、リストに名前を付けて複数保存できるとよい。「来期エースストライカー獲得候補リスト」とか。
  • 残り契約期間半年未満の選手を検索したい。フリー移籍での獲得のため。
  • 移籍リスト、レンタルリストに挙げた選手が、クラブ間交渉は成立していても、選手と相手クラブとの調整に失敗してなかなか出ていかないのを修正(バランス調整)してほしい。
  • 他クラブからの移籍オファーのリストで、オファーを受けている選手の能力をボタンひとつで確認したい。
  • 前年度の残予算を翌年度に持ち越したい。全部は無理でも、何割かだけでも。
  • 移籍予算に関しては、もっと実績変動を強めてほしい。リーグ順位、昇格降格、国内カップ戦、CL・ELの成績とかで。FIFA18だといくら良い成績を残しても、翌年度予算はしょぼいまま。現実だと、イングランド3部4部あたりのクラブがFAカップで勝ち進んでプレミアのメガクラブと対戦すると、どでかい放映権料で潤うとか、そういうのあるじゃん。
  • レンタルで借りている選手の買い取りがしたい。レンタル移籍の契約時に、買い取りオプションの有無を決められるといいね。最近は(現実世界のほうでは)ファイナンシャル・フェアプレー規則の縛りもあって、移籍金の支払いを翌年に回すために買い取りOP付きレンタルを使うケースも多いようだし。

とりあえずこんな感じかな。

本日8/30、ウイイレ2019発売のようですね。ウイイレ勢がうらやましいぜ。自分はPS4を持っていないので、FIFA一択なのです。

FIFAも発売をもっと早くしてほしい!ウイイレより1ヶ月遅れとはひどい!なにより、シーズン開始から2ヶ月近く経ってからの発売は遅すぎる!
今はアプデでスカッドの更新とかできるんだから、開幕前に発売してほしい。それで、夏の移籍市場が閉じたら確定アプデ。そうなれば、移籍市場が閉じるまでの間、真偽不明の噂とかも含めて、if ストーリーも楽しめる。
来年度以降のFIFAでぜひ!

(実際、9月末発売ってのは年度の変わり目とか、EAのビジネス上の都合だったりするのかなあ。そんな気もするなあ。知らんけど)

いまさらだけど、FIFA18の、セリエA 18クラブ 規定フォーメーション一覧を作ってみる。スクリーンショット貼り付け。17-18シーズン最終順位の順に。

まずはユベントスだけど、これは自分がいじり回しちゃったので規定と違うかも。
スクリーンショット (45).png
ユベントスはこっちのほうが現実に近いはず。4-3-3。
スクリーンショット (25).png

ナポリ
スクリーンショット (28).png

ローマ
スクリーンショット (29).png

インテル
スクリーンショット (44).png

ラツィオ
スクリーンショット (26).png

ミラン
スクリーンショット (27).png

アタランタ
スクリーンショット (43).png

フィオレンティーナ
スクリーンショット (37).png

トリノ
スクリーンショット (30).png

サンプドリア
スクリーンショット (35).png

サッスオーロ
スクリーンショット (40).png

ジェノア
スクリーンショット (38).png

キエーヴォ
スクリーンショット (33).png

ウディネーゼ
スクリーンショット (31).png

ボローニャ
スクリーンショット (32).png

カリアリ
スクリーンショット (36).png

SPAL
スクリーンショット (42).png

クロトーネ(降格)
スクリーンショット (39).png

エラス・ヴェローナ(降格)
スクリーンショット (34).png

ベネヴェント(降格)
スクリーンショット (41).png

以上。4-3-3、3-4-3、4-2-3-1など、両翼を置くフォーメーションが多いですね。


自分がユベントスを使ってCPUと対戦していて、ナポリ、インテル、アタランタあたりには負けたことがある気がするんだけど、共通点は左サイド、LWまたはLMが強いってことかな。ナポリLWインシーニェ、アタランタLWアレハンドロ・ゴメス、インテルLMペリシッチ。対するユベントスは右SBが弱め。
こうやって対戦相手チームのフォーメーションや戦力を事前に確認しておくと、相手によって戦い方を変えたりして勝率を上げられるかも?

FIFA18、面白いですよね!EA SPORTSから発売されているゲームです。
W杯前のセール価格で購入してから、もうかなりの時間やり込んでいます。
オフ専です。もうマッチング期待できないし、弱いし。

さて掲題の件、DAZNでもセリエAの試合がいくつか放送されるようになって、久しぶりにセリエAのクラブも覚えようかなと思い、最近はユベントスを使ってプレイしています。ここ数年はセリエAの絶対王者ですね。

で、自分でプレイするにあたって問題になるのがフォーメーション。各クラブ既定のフォーメーションが自分の好みに合わないと楽しくないし、勝てない。

ユベントスの規定フォーメーションはこんな感じですよね。(微調整しちゃってますが)
レジスタにピャニッチを置く、4-3-3。
スクリーンショット (25).png

自分は、(今ではほとんど見られない)中盤ダイヤモンドの4-4-2(4-1-2-1-2)が好きなので、下図のように変更してプレイしていました。
トップ下にファンタジスタを置いて、2トップ。サッカーといえばこれ、というくらい好きなフォーメーションなのです。
スクリーンショット (24).png


でもよく見てみると、ユベントス既定の4-3-3と、中盤ダイヤモンドの4-4-2って、前線の3人の配置以外は同じなんですよね。
それに気づいて、規定の4-3-3でプレイしてみたら、結構使いやすい!両ウィングがプレッシャーを受けない形でボールを持ちやすいので、安定する気がします。

今(現実のサッカー界で)流行りの4-2-3-1や4-3-3のようなウィングを置くフォーメーションっていうのは、かなり合理的なんでしょうね。
また時代が変われば流行りのフォーメーションも変わっていくのでしょうけれど。

そんな感じで、ゲームをプレイしつつ、現実のサッカー界のこともキャッチアップしつつ、やっていければいいのかなと思っています。

ユベントス、難敵ラツィオに勝って開幕2連勝。
5 ピャニッチのミドルも、17 マンジュキッチのボレーもお見事でした。

ハイライトを観る限り 7 クリロナさん もしっかり機能しているようで、初ゴールも時間の問題じゃないかな。チームの勝利に貢献していればOKでしょ。

この試合、アッレグリ監督は 10 ディバラ を使わなかったけど、33 ベルナルデスキ、30 ベンタンクール、23 エムレ・ジャン などは実戦投入していて、しっかり世代交代も考えている感じかな。



第2節のバジャドリー戦でゴールを決めた、バルセロナのウスマン・デンベレ。21歳。当時のクラブ記録を塗り替えた莫大な移籍金、ネイマールが付けていた背番号11を受け継いだことからも、期待の大きさがうかがわれる。



たしかにすごい!(語彙不足


しかし彼はけっこう問題児らしい。ロシアW杯のフランス代表に選ばれながら、練習をサボってデシャンの怒りを買ったり。結局デンベレ抜きのフランス代表はそのままW杯を制覇。これではW杯優勝メンバーを名乗れまい。もったいなさすぎる。


バルセロナはデンベレを不良債権化するわけにはいかない。スタッフ編成もデンベレ覚醒を大きな目的としているようだ。


はたしてウスマン・デンベレは、バルセロナの期待どおり大スターとなれるのか。注目したい。

ケニア技術大学で地理空間工学を専攻し、"エンジニア" と呼ばれる文武両道ストライカー。エバートン、ハダースフィールドといった英プレミアリーグのクラブも接触を試みていたとか。柏で活躍すれば、再び欧州トップリーグから声がかかるかも?

 

J1 第24節
柏レイソル 5 - 1 V・ファーレン長崎











バジャドリーのホームは芝が長すぎてモサモサ。ボールは転がらず、足の踏ん張りも効かず、体力的にも消耗するピッチ状態。最終盤は守備陣がバテてかなり危ない場面もあったが、11 ウスマン・デンベレの一撃をなんとか守り切ったバルサが開幕2連勝。







18-19 プレミアリーグ優勝予想、こんな感じですかね。
数か月後にこの予想を振り返って、どう思うか。楽しみ。

このページのトップヘ